自然栽培(無農薬、無肥料、自然農法)を愛知県渥美半島で実施、野菜、お米、果物の生産、宅配又通販をしています。    オーサワジャパン商品取扱店 日本CI協会加盟店
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< そらの野菜がオーサワジャパンセール中 | main | タイ式マーサージ >>
オーサワジャパンのセールに関して考える。
 今日は、オーサワジャパンのセールに関して考えます。


そらの野菜がオーサワジャパン商品を取り扱う経緯 

そらの野菜では自然栽培(無農薬・無施肥)の野菜・果物・お米・お茶・又自然に由来する椎茸や海藻・はちみつなど安全性の高い商品に特にこだわりを持ち提供をさせていただいてきました。
(今後もそのこだわりは変わりません。)

しかし品揃えの点において、お客様には今ひとつ満足して頂いていない状況です。
そらの野菜のお客様は安全性の高い食品を求めています。
そのため今までに何度か質の良い調味料・自然食品・日用品の商品取り扱いのお問い合せを頂きました。
そらではご要望にお答えして情報を集めアンケートなどを実施し、お客様に少しでも多くの満足をしていただく為に、新たな食材・日用品を販売、提案させて頂くことにしました。

色々検討した結果、そらの野菜ではオーサワジャパンとの取引をさせていただくことになりました。


セールについて

今回なぜ、この話題を取り上げたかと言うと、
そらの野菜が毎月行っているオーサワジャパンのセールについて、他の自然食品店よりクレームが入ったからです。あえて何処の自然食品店かは伏せますが、そこそこの老舗で地元では大きなお店です。その店が安売りをするなとメーカーを通じて圧力をかけてきました。(メーカー側の対応は立派でした。)

当社はオーサワジャパンさんの商品を扱いだしてまだ一年経っておりません。
オーサワさんを扱うお店を色々分析してセールの案内を出しています。
またインターネット上でも各社がしのぎを削って、生き残りをかけて色々な戦略で商戦をしています。

そんな時代に店舗があるのはリスクが多い、経費もかかるから利益率を上げたい、だからネット販売で値段を崩すなと言うのが、理屈だそうです。

私も安売りをすることが決してよい販売方法だとは思っておりません。マスコミで取り上げられるような原価(製造にかかるコスト)を無視して販売することには抵抗を感じます。特に野菜などは、農家の手取りを無視して一カゴいくらとか、袋詰め放題とかで目玉商品として販売されることが多いです。
あの手法は明らかに農家の農家離れを加速し、輸入品の、安い野菜に頼る結果になるのは、目に見えています。その場の安さが実は消費者の利益にならない販売方法です。

しかし今回、そらの野菜で販売した価格は、企業努力で何とかなる価格だと思っています。
お客さまの利益を考えたセールと思っています。

しかもその自然食品店もそらの野菜と同じセールを年数回しているのです。
ネットだからダメで、店舗がある店は良いという理屈が私にはわかりません。

しかも直接、話をしようともせず、老舗なのをいいことにメーカーにクレームを押し付けてきたようです。その店のHPではお客さまのことを考えて30年と書いてあります。本当にお客さまのことを考えている店がこのようなクレームを出すのでしょうか?理解に苦しみます。

チョット感情的になりましたが、そらの野菜は圧力には屈しません。
来月も同じセールで頑張りますので、応援よろしくお願い致します。


頑張って下さい。
最終的に消費者の利益にならない安売りは論外ですが、圧力を掛けてきた輩は自らの既得権益を守る事が第一で、市場=消費者の事は眼中にありません。民主党の「弱者」を護る様に見えて、実は巡り巡って「弱者」を更に追い詰める政策や考え方と同じです。
一消費者 | 2010/03/26 19:56
COMMENT









Trackback URL
http://muhiryou.org/trackback/252
TRACKBACK