自然栽培(無農薬、無肥料、自然農法)を愛知県渥美半島で実施、野菜、お米、果物の生産、宅配又通販をしています。    オーサワジャパン商品取扱店 日本CI協会加盟店
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 天然 利尻昆布 天日干し | main | 初日の出。 >>
原木乾燥椎茸 自然栽培(屋外栽培)知っていますか?

椎茸を買うときになんとなく原木椎茸と書いてあると美味しそうに感じませんか?
しかし原木椎茸にも種類があります。お勉強しましょう。


じぃちゃん・ばぁちゃんの原木乾燥椎茸(自然栽培)
                                       

九州のほぼ真ん中。熊本県阿蘇山の南部に位置する山都町(旧清和村)
自然豊かな環境の中で丁寧に栽培されている椎茸があります。

『そら』の畑に手伝いに来る、田中さんの祖父母が栽培している椎茸です。  

椎茸栽培には菌床栽培原木栽培が一般的に知られています。

椎茸の消費量の90%以上は菌床栽培です。原木椎茸は残りの10%以下しか出回っていません。

その貴重な原木栽培も、さらに 

室内栽培自然栽培(屋外栽培の2種類に分かれます。
                                            

兼瀬さんの原木椎茸の場合、屋外の自然環境にすべて任せて育てる 昔ながらの自然栽培です。   

安心でおいしい椎茸をお求め方には、原木自然栽培椎茸が一番適しています。

屋外栽培の椎茸は、室内栽培、菌床栽培などの椎茸と比べると、香りと味の違いは歴然です。

当然ですが兼瀬さんの椎茸には殺虫剤や防腐剤など農薬は一切使用していません。


菌床栽培では殺菌剤が多く使われています。
特に中国産椎茸には農薬を多く使用したものが多数あり注意が必要です  

原木は、拾い集めたどんぐりの実を10年以上かけ育てたものを使用します。
作業は重労働です。
切り出し、菌打ちしたものを林の中に仮伏せし、菌が全体に行き渡るのをまちます。
さらに本伏せ(縦に並べる)してからしばらく寝かせます。

切り出ししてから2年以上ゆっくり時間が流れてゆきます。 

手間と時間をかけやっと椎茸の収穫を迎えます。愛情たっぷりの椎茸です。天気にも左右されますが、なるべく天日干しを心掛けています。
                                




食べる前に日光に当てるとさらに美味しくいただけるそうです。
こちらをクリック→ 原木乾燥椎茸 自然栽培(屋外栽培)販売中





COMMENT









Trackback URL
http://muhiryou.org/trackback/242
TRACKBACK