自然栽培(無農薬、無肥料、自然農法)を愛知県渥美半島で実施、野菜、お米、果物の生産、宅配又通販をしています。    オーサワジャパン商品取扱店 日本CI協会加盟店
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 野菜の保存法 | main | 原木乾燥椎茸 自然栽培(屋外栽培)知っていますか? >>
天然 利尻昆布 天日干し


そらの野菜が利尻昆布の販売を始めました。宣伝で〜す。

 新商品販売記念セール

天然 利尻昆布 天日干し  
   
こちらをクリック→ 天然 天日干し 利尻昆布販売記念セール中

高宮さん昆布漁の様子 


北海道紋別区雄武町の萬盛丸のベテランの昆布漁師、高宮さんから
天然・天日干しの良質な利尻昆布を直接分けていただきました。


昆布は通常いくつかの販売ルートを通して小売されます。
通常 漁師→漁協→問屋→地方問屋→小売店→消費者
今回 漁師→そら→消費者


今回から高宮さんより直接取引頂きますので、大変お値打ちに提供することが出来るようになりました。一般小売価格のおおよそ半額です.


今回さらに高宮様に協賛していただき、初回限りお試し特別価格にて販売いたします。
ご贈答用としてもご利用頂けます。品質・旨味とも最高級です。是非お試し下さい。




高級利尻昆布徳用利尻昆布利尻根昆布お試し用



高級利尻昆布      250g    2,100
徳用利尻昆布      200g    1,300
利尻根昆布        200g    2,000




昆布  コレステロールを減らし、血圧を下げ、便秘を解消し、肥満を防止する

       根コンブは昔から民間薬として利用されていた

◆海藻に含まれるさまざまな成分は、私たちの健康になくてはならないものです。

特にコンブやワカメに多く含まれるアルギン酸やフコイダンという水溶性の食物繊維が、血液中のコレステロールを減らして動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの血液の流れに関する病気の予防に大いにその力を発揮しています。

コンブやワカメなどの海藻のヌメリは、アルギン酸とフコイダンという多糖類と、ごく微量のたんぱく質からできています。
もちろんいろいろのミネラルも含んでいます。

この多糖類は酸性で、水に溶けやすい性質を持った食物繊維です。
海藻はこのヌメリで自らの体を覆い、海水中の細菌の侵入を防いでいるのです。

このヌメリが私たちの体に入ってさまざまな活躍をするわけですが、その一つ には、消化されにくい性質をもっているために、私たちの体を通過していくと きにさまざまな物質を一緒につれて排泄してくれることがあげられます。
血液中のコレステロールを低下させて血圧を下げたり、動脈硬化を防ぐのはこの作用のためです。

また、ミネラルと結合しやすい性質のため、有益なミネラルを運び、余分のナトリウムなど、取り過ぎると害になるミネラルと結びついて、それを体外に排出する作用もあります。

さらに、豊富に含まれているビタミンやミネラルが、動物性の脂肪やたんぱくを過剰に摂取している私たちの食生活に、栄養のバランスを運んでくれているのです。

◆コンブやワカメを水に浸したり、料理をすると、ヌルッとした表面に変わります。

これがさまざまな病気から私たちを守ってくれる成分です。
この成分は、基本的にはコンブもワカメもだいたいは同じです。

生のまま、あるいは素干しにした物であれば、動脈硬化などを防ぐ作用はほとんど変わりません。
ただし、製品化したものでは少し違いが出てきます。

◆コンブはだいたいにおいて素干し製品が多いもの。

ところがワカメは、湯通しした塩蔵品がほとんどで、アルギン酸やフコイダンは、製品化する段階でかなりの量が流れ出てしまいます。

ただし、ヌメリ成分は表面のみにあるわけではなく、コンブやワカメの中から染み出して、その表面にあるのは、全成分の四分の一から五分の一ですから、 製品化される段階で流れ出てしまっても、本体にはまだ充分に残っています。

◆そこで注目されるのが「根コンブ」です。

コンブなどの海藻類は、植物と同じように葉、茎、根の部分からできています。
根コンブは、葉の下部と茎の上部の間の部分のことを指し、またの名を頭コンブ(かしらこんぶ)ともいいます。
葉や茎よりも細胞分裂がさかんで、成長が早く、コンブの中では一番老化しにくいところです。

言うならば、この部分はコンブの成長の要になっているところで、もっとも生きの良い部分といえます。 それは成分量の多さで証明されます。

ヌメリが多く、ヨウ素などは他の部分より優り、酵素の活性が高いことがそれを示しています。
つまり、動脈硬化防止などに働くアルギン酸やフコイダンの量が充実していて、新陳代謝を活発にするヨウ素にすぐれているということです。

根コンブは昔から民間薬として利用されてきたといいますから、海藻を食べることの多かった日本人は、経験的にその薬理効果の高さを知っていたのでしょ う。

また、根コンブのほとんどは素干しで製品化されているため、加工過程での有効成分の損失量は、ワカメなどに比べると格段に押さえられていますし、他の コンブ製品に比べても成分の含有量が比較的一定していることも利点の一つと言えます。

コンブの採れる地域や時期によっては、製品の質にばらつきがあるものですが、その問題も根コンブなら解消してくれるというわけです。

ただ、念のため付け加えておくなら、根コンブの効果は、上質の物であれば、葉の部分にも充分に期待できます。

◆他の海藻類を引き離し、抜群の効果で成人病をはね返す根コンブ。

私たちの日常の食生活で海藻の、ひいてはコンブの栄養分を効率よく取り入れるには、根コンブがもっとも効果的な食品といえるでしょう。
ただし、葉の部分よりは少し固いのが難点です。
毎日の食卓に繁栄するには、料理にちょっとの工夫が必要でしょう。

◆そこで、その代わりに根コンブ水を飲む方法があります。

それは、根コンブをただ水に浸して飲むだけの簡単なものです。
コンブの有効成分を、より多く、効率よく摂取する最も簡単な方法です。

ただ、コンブ、特に根コンブには多量のヨウ素が含まれていますので、できるだけそれを取り除いたほうがヨウ素の過剰摂取を防げます。 ヨウ素を取りすぎることは、不足するのと同じで、絶対良くありません。

素干し根コンブをいったん多量の水に20〜30分漬け、そのとき出てくる ヨウ素や、ごみ、かびを含んだ水を捨ててから使用します。
この操作は重要な過程ですから守ってください。

また、本番で浸して使い残った根コンブにもまだミネラルなどの栄養分や食物 繊維がたくさん残っていますから、これも十分利用しましょう。 水に浸されて柔らかくなっているので、料理にも簡単に取り入れることができ ます。

細かく刻んで卵焼きに入れたり、つくだ煮にして常備菜にしたりと工夫次第でいろいろと利用できるでしょう。


□昆布の生態

昆布類の多くは、一般的には2〜3年の寿命を持ちます。採取されるものは、ほとんどが2年生で、十分に成長したものが選ばれます。
2年生昆布の充分に成長する夏から秋にかけて(7〜9月)が昆布の採取時期です。

□利尻昆布の特長

主にだし昆布として利用されており、特に京都の懐石料理では重宝されています。
また、肉質が硬く、削っても変色・変質しないため、高級おぼろ・とろろ昆布としても最適です。


□高品質なのに低価格な2つの理由

・漁師直送、市場や卸業者を通していないため。

□上手なだしのとり方


水出し
──材 料──

昆布 : 30g
水 : 1リットル

1.昆布の表面を固く絞ったふきんで軽くふく。
2.1の昆布を5-6時間、水にひたす。
※夏場は、冷蔵庫で保管してください。


煮出し
──材 料──

昆布 : 30g
水 : 1リットル
1.昆布の表面を固く絞ったふきんで軽くふく。
2.1時間、水に浸す。
3.昆布が戻ったら中火にかけ、アクを丁寧に取る。
4.煮立つ直前に昆布を取り出す。


煮出し2

材料
(昆布だしカップ10、一番だしカップ10、二番だしカップ7の分量)
・昆布 (標準的な味のもの)5儚僉20?23枚*
・削り節 50〜60g(かつおの赤身がよい)
*昆布5儚1枚を水カップ1分とする。
5儚僂虜布2枚ほどをおまけとして加えておくと、だしがあまり出ない昆布でも補いとなる。


【昆布だし】
1. 昆布はあらかじめ鍋に入れ、40分〜時間、水約カップ20につけておく(本来は、この水の味を確かめてみて、水加減、煮出し時間の見当をつける)。

2. 1を火にかける。しかし、最強の火は厳禁で8〜10
分間で煮立つようにする(煮立つといっても、決してグラグラ沸かしてはいけない。80〜90℃の間で煮ること)。

3. この間に、5分経過、7分経過という具合にしてしを味わってみて、昆布のくせが出てきそうなら、速やかに昆布を引き上げる(つまり、「この昆布ならこの程度のうまみを引き出せたところでよしとしよう」という見極めをもって、昆布を引き上げる)。これで昆布だしができ上がり。ここから半量の昆布だしを別器に移す。

【一番だし】
4. 弱火にして、3の残りの昆布だしに、杯1杯の水を加え、削り節40gを入れる。

5. 削り節を入れたら、味わってみて、四呼吸、または五呼吸でだしをこす。これで一番だしがとれる。


【二番だし】
6. 一番だしをとったあとの昆布と削り節に、一番だしの約8割の水を入れ、中火の強で煮始め、煮えてきたら削り節10〜20gを加える(この追いがつおの量は、煮えたとき、その味を味わって決める)。

7. 火加減を弱くして20〜25分間、大切に、濁らないように煮出す。これをこして二番だしとする。

※一番だしは塩(またはだしが冷めてから梅干し1コ)、二番だしはしょうゆ・酒を控えめに加え、粗熱を取ったらすぐ冷蔵か、冷凍する(冷蔵庫で2〜3日もつ)。

COMMENT









Trackback URL
http://muhiryou.org/trackback/241
TRACKBACK
便秘改善についての情報サイトです。 よろしければご覧ください。
便秘改善 格別情報 | 便秘改善 格別情報 | 2009/11/30 11:56
恐らく、高品質コーヒーと聞いて『アタベイ』を思い浮かべる方は少ないことでしょう。しかし、一度飲めば必ずその品質の高さがお分かり頂けるはずです。無料サンプルをお届けしていますので、ぜひお試し下さい。
新たなコーヒーの世界をお届けします | アタベイ | 2009/11/30 15:38
食物繊維ついて書いてあります。よろしかったらご覧ください。
食物繊維のアレコレ! | 食物繊維のアレコレ! | 2009/12/03 12:17