自然栽培(無農薬、無肥料、自然農法)を愛知県渥美半島で実施、野菜、お米、果物の生産、宅配又通販をしています。    オーサワジャパン商品取扱店 日本CI協会加盟店
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自然栽培 サツマイモの収穫

自然栽培 サツマイモ収穫しています。品種は紅はるかです。 今年は夏場の雨も少なく甘くなっています。さらに収穫後追熟させれば(時間がたてば)もっと甘くなります。晩生のいずみ芋の収穫はもうしばらく先になります。

 

自然栽培でお米を育てます。

自然栽培でお米を育てます。青空の下すくすくと育っています。

例年は田植え後すぐは浅水管理をします、理由は根を早く張らせるためとジャンボタニシ対策です。ジャンボタニシは水が多いところで活発に行動します。水がない所にはあまり移動しないため若苗が食べられることが少ないからです。ただ水が少ないと草が勢い良く生えてきます。深水管理する時期と除草の時期を間違えると田んぼが草に覆われることになります。昨年は除草にかなりの時間をかけました。今年は田植えをしてからすぐに深水管理をしてみました、結果ジャンボタニシの被害が多く収量が減りそうですが、ジャンボタニシのおかげで草は全く生えていません。来年はどうするか思考中です。

 

6月18日そらの畑の様子 

6月18日そらの畑の様子  ささげ・ピーマン

 

ささげのネット張りをしました。もう少し早めのネット張りが理想ですが、面倒なので先送りになっていました、大きくなれば大きくなるほどつるや葉が邪魔をするためネット張りが面倒になります。いつも後悔する作業です。ささげは愛知県の伝統野菜です。

 

ピーマンに実がついているのを見つけました、今シーズン初のピーマンです。野菜セットに徐々に入るようになると思います、もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

 

自然栽培で稲作 苗が順調です。
自然栽培で稲作です。4月4日播種の苗が順調に育っています。
右手写真は4月14日の様子
無肥料の育苗培土に播種をしました、パレットの底には細かな穴が開いています、種籾の根っ子がそこから直接地面にのびて、苗が成長する仕組みです。田植え時には根を切って田植えをするため一反は弱りますが、生命力の強さで再び根を伸ばし成長します。自然の力には感心させられるばかりです。



 
自然栽培で白ネギを育てます。
今年は久しぶりに自然栽培で白ネギを育てます。ここ数年白ネギは栽培していませんでしたが、新しい農業研修生が入ったのでネギ栽培を教えます。白ネギは苗の管理から畑に定植してからも土寄せや草取りが大変です。白い部分をいかに長くするかが勝負となります。

とりあえず、種まき発芽までは順調です。

自然栽培 レンゲ畑
自然栽培 でお米を育てます。 自然栽培14年目の田んぼの様子です。
今年も綺麗にレンゲが咲きました。しばらくお花を楽しみたいのですがもうしばらくで、お米の準備に入ります。田植えの一か月前にはハンマーナイフで刈った後、トラクターで一度耕して田植え前の代掻きに備えます。去年より暖かい為、種籾の様子も順調で田植えも若干早くなりそうです。


 
自然栽培 屋久島産 ハーブティー入荷
自然栽培 屋久島産 ハーブティー入荷しました。

よもぎ茶・月頭茶・ローゼル(ハイビスカスティー)・マコモブレンドティー(マコモ・よもぎ・レモングラス・たんかん皮)

手作り手間暇かけて作っていただきました。

春菊が終了しました。
春菊が終了しました。ほかっておけば春菊の花が楽しめるのですが、
次作を考えてトラクターで耕しました、この場所で里芋を植え付ける予定です。

自然栽培 ジャガイモを育てます。
自然栽培 ジャガイモを育てます。種イモの植え付けしました。
自然栽培は元肥は必要なしの為、トラクターを掛けたら縄を引いて種イモを並べていきます。軽く土を掛けたら終了、畝間は収穫の機械に合わせて80僉株間は約25僂任后2蠅出たら草掻きも兼ねて土寄せをしながら管理します。収穫時期の希望は梅雨前ですがたぶん梅雨明後になると思います。

自然栽培 菜花の片づけ
自然栽培 晩生の菜花の収穫が終わり花盛りです。今年は長い間、菜花が美味しくいただけました。
花をゆっくり楽しみたいのですが、次作の用意もあるので残念ですがハンマーナイフモアでミンチにしました。
暫くしたらトラクターで起こします。
5月中旬から夏野菜の苗を植える予定です。